最近はアベノミクスという自民党政権による経済政策の影響で企業の求人は増えていると言われていますが、そのへんの事情について色々とこれから書いていこうと思います。
まず、最近の新聞で来春の高校卒業生の求人が大幅に改善されていることが記事になっていました。

求人数は6月末の時点で16%~35%増とかなりの大幅な増え方をしており、日本の企業の経営状態が上向いている影響がこういう求人数となって現れており、求人の数が増えて以前よりも就職がしやすくなっているのが現状だと思われます。

前年度は半導体の工場の閉鎖などで求人数は落ち込んだのですが、今年はそれが改善しているのが目立っています。



高校生求人数が増加したのはリーマンショック以来のことであり、かなり久しぶりなことになっています。

あなたが求める東洋経済の情報を求める人におすすめです。

多くの企業が前向きに採用意識を持っており、特に中小企業の採用が増えており、建設業が64.5%増、卸売、小売業は3.4倍となっていてかなり改善されているのがわかります。
高校生の求人以外に目を向けますと、転職希望者の数が過去最多になっており、特に医療系の職種の求人が伸びてきています。

前年比で見ますと、21.7%増えていて転職希望者は31.7%増えており、これはどちらも過去最高の数字となっていて、現状の職を求める人の多さと転職を希望する人の多さと、企業がどれだけ働く人を求めているのかがわかります。

現在の状況では売り手市場までとは言いませんが、企業側が好況であり、人材を求めているという状況なのですから当然働けるチャンスというのは今まで以上にあふれており、就職や転職がこれまでよりも出来るようになっています。

千葉の介護の求人がとても人気であることがわかります。

どのような職種が主に人材を求めているのかといいますと、前述したとおり、医療系、メディカル系が前年比の2.25倍とかなりのノビ幅を見せており、人材を求めているのがわかります。


メディカル系の職につきたいという人にとっては今がチャンスです。


Copyright (C) 2015 最近の求人事情について All Rights Reserved.